行政書士の資格について

行政書士って資格としてどうなの? > 行政書士の基礎知識 > 行政書士になるべきか?

行政書士の基礎知識

最新記事

行政書士になるべきか?

行政書士になろうかなるまいか悩んでいる方は
多いと思います。
そうした方にアドバイスするなら、
学習だけでもやってみる価値はあると思います。

 

というのも、行政書士の試験に合格しても
別に行政書士になる必要はありませんし、
今は行政書士の資格が不要でも、いづれ約に経つ事があるかもしれません。

 

また、行政書士試験に合格するためには
ある程度の期間集中して学習する必要があるので、
その期間学習をする事ができれば、
忍耐力が付き、達成感を味わう事ができるので、
仕事でも約に経つ力が身に付きます。

 

もちろん、大切な時間を使わなければいけないリスクはありますが、
長い人生を考えれば、たいした事はありません。
それよりも、毎日なんとなく過ごし、何の目標もなく過ごす方が
よっぽど無駄な時間を過ごしています。

 

行政書士試験を目指すという事は、
行政書士になりたいという事もありますが、
それ以外の力をつける事が出来るのです。

 

たぶん、このサイトをごらんの皆さんは
行政書士の資格に興味を持っていると思います。
だったら、せっかく興味を持ったのですが、
思い切って挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

行政書士として仕事をするかしないかは、
試験に合格してから考えれば良いのです。

 

もちろん、行政書士じゃなくても他の資格でも良いですし、
学習じゃなくても構いません。
自分に付加をかける目標を決め、それに向けて一生懸命取り組む事が大切なのです。

Copyright  行政書士って資格としてどうなの?  All Rights Reserved