行政書士の資格について

行政書士って資格としてどうなの? > 行政書士の基礎知識 > 行政書士になるにはどうすれば良いのか?

行政書士の基礎知識

最新記事

行政書士になるにはどうすれば良いのか?

行政書士になるためには、
まず試験に合格しなければいけませんが、
その行政書士の試験は厄介です。
何故なら、難易度の高い試験だからです。

 

一昔前は、学習テクニックとそこそこの学習量でも合格出来ましたが、
今は違います。
難易度をわかりやすく言うと、合格率は毎年一桁台で、
難しい年なら3%台くらいです。

 

もちろん、行政書士は大学受験や司法試験のように
人生をかけて学習する方はそれほど多くないので、
レベルはそれほど高くありませんが、
十分に難易度の高い試験と言えます。

 

その難易度はあなたが考えている以上だと思います。

 

もっとわかりやすく言うと、
市販の教材を購入して、とにあえず行政書士試験を独学で学習するという感覚では
合格出来ません。

 

資格学校や通信講座などを活用しながら
学習する必要があります。

 

何故なら、多くの方は仕事をしながら学習するので、
独学のようにたっぷりと時間を使って学習することが出来ないからです。

 

隙間時間を活用しながら、合格するためには、
やはりある程度出題範囲を理解し、ピンポイント学習をしなければいけないのです。
そのためにはやはり、専門の講師の指導が受けられる、
学校や通信に頼らざるおえません。

 

もちろん、あなたが学習が得意だったり、
法律の知識が豊富ならまだ良いのですが、
たぶん多くの方は、知識も時間もないはずですし、
失礼な言い方かもしれませんが、
そんなに学習も得意でないと思います。

 

そうした方が行政書士に合格するためには、
やはり、皆と違った学習をする必要があります。
その手っ取りはやい方法がお金を払って、通信や学校を利用する事なのです。

 

Copyright  行政書士って資格としてどうなの?  All Rights Reserved